妻は女医 夫は専業主夫

妻(産婦人科 医師)が『生理痛の緩和・妊活・子宮頸がん予防・乳がん予防』等について発信。 夫(女子力高めな元社長)が『グルメ・美容・アンチエイジング・お笑い』等について発信。

妊婦の喫煙は絶対ダメ! 赤ちゃんもお母さんも”死ぬ”危険あり。

time 2017/10/03

妊婦の喫煙は絶対ダメ! 赤ちゃんもお母さんも”死ぬ”危険あり。

妻とドラマ『コウノドリ』を観るのにハマってます↓

「コウノドリ ドラマ」の画像検索結果

産婦人科のドクター、鴻鳥さくら(コウノトリ サクラ)が
様々な問題を抱える”妊婦・赤ちゃん”を助けていくドラマです。

そしてコウノトリ先生、
かなりの苦労人です。

母親は妊娠中に父親と離別。
さらには妊娠中に”子宮頸がん”が発覚。
出産直後、直ぐ亡くなりました…

子供は養護施設で育ち、
大人なって産婦人科のドクターになりました。

ドクターになる過程で
相当な苦労・努力あったんだと思います。
(想像するだけで涙が出ます…)

私の妻もコウノトリ先生と同じく
産婦人科の医師です。

・ド田舎出身で、家の周りには山と畑だけ。
・父親は高卒の会社員・母親は専業主夫。

塾にも通えず、教材も買ってもらえず、
学校の教科書が唯一勉強する手段だったようです。

奨学金を借りて国立の医学部に入り、
浪人も留年もせず、
医師国家試験に合格しました。

コウノトリ先生ほど過酷な環境でなくとも、
妻も相当な努力をしてきたんだと思います…

そんな事を考えながらドラマを観ていると、
妻に対して”愛しい気持ち”と”切ない気持ち”でいっぱいになります。

のろけてすみません^^;

本題に戻ります。

ドラマの中で、喫煙者の妊婦がドクターから
「この際、タバコを止めましょう!」
とアドバイスされるシーンがあります。

がしかし、

ドクターのアドバイスを守れず、
路上で喫煙中に倒れこんでしまいます。

この瞬間、僕の妻が
「ほーーーら! 言わんこっちゃない!」
といきなり激怒。

続けて妻は
「たぶん胎盤がはがれたんだよ。」
「このままだと赤ちゃんに栄養が行かなくて、赤ちゃんが死んじゃうよ><」
「胎盤がはがれたところから出血して、妊婦も死んじゃうよ><」
と語りました。

ドラマの展開は…

妻の予想が的中。

胎盤がはがれて出血し、
妊婦と赤ちゃんは命の危機に瀕します。

ヤバイ… ヤバイ…

という展開が続く中、
ゴッド(神) コウノトリ降臨。

究極の判断が迫られる手術中

同僚の反論・暴走を食い止め、

見事に妊婦と赤ちゃんを救いました。

けれどみなさん。

こんな修羅場になるくらいなら、

“禁煙”するほうがマシですよね?

down

コメントする