妻は女医 夫は専業主夫

妻(産婦人科 医師)が『生理痛の緩和・妊活・子宮頸がん予防・乳がん予防』等について発信。 夫(女子力高めな元社長)が『グルメ・美容・アンチエイジング・お笑い』等について発信。

子供が家出したらどうする? “キヨちゃん先生”に相談してみて!part2

time 2017/10/10

子供が家出したらどうする? “キヨちゃん先生”に相談してみて!part2

前回の続き、

家出少女救出のスペシャリスト
キヨちゃん先生のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少女の元へ向かうキヨちゃん先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『世界に一つだけの花』をパクって説得(笑)

 

 

 

 

 

そこには元家出少女『カナコ』も居た。

「カナコは一番酷かった…」

とキヨちゃん先生は語り出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストル所持を素直に認めるカナコ。

 

 

 

 

 

カナコは悪魔だったようだ。

 

 

 

 

 

レイは会社でのパワフルハラスメント?に悩んでいるらしい。

 

キヨちゃん先生は3つの選択肢を提案する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイも十分悪魔である。

 

キヨちゃん先生は右手の女性に問い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

右手の女性はまさかの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイが暴走しないことを祈るばかりです。

 

私も会社員時代、
上司からのパワハラや暴力に苦しみました。

新入社員時代はいつも

「辛い 辛い 辛い」

「辞めたい 辞めたい 辞めたい」

と心の中で唱えていました。

精神的にも肉体的にもボロボロになり、
突発性難聴と吐血をそれぞれ2回やってます。

彼らをずっと恨んできましたが、

10年たった今

彼らに感謝できるようになりました。

私は29歳で会社を設立し、社長になりました。

しかし社長というのは華やかな世界ではなく、

地獄のような日々でした。

・社員達がグルになって架空の残業代を請求してくる
・会社の売り上げを盗む
・給与のアップを迫られ、「応じないと他の社員を引き連れて転職する」と脅される

そんな事が設立して1年間続きました。

人間不信になり、ノイローゼなり、
何度もくじけそうになりました。

そんな時、

あの大嫌いだった上司の言葉が聞こえてくるのです…

「お前はニワトリかっーーー! 3歩歩くとすぐ忘れやがる!」
「お前は脇が甘いんだよ!(お尻にケリが飛んでくる)」
「起こりうるリスクを事前に想定しておけと言ったろ!」
「そしたら問題が起きても冷静に対処できるんだよ!」

あのクソ上司の言葉が

神の助言のように思えるようになったのです…

その日からというもの、

社員達が私の言う事を聴くようになり

悪だくみもしなくり

スムーズに会社が回り出しました。

 

だから私もレイに言いたい

「世の中ってのは理不尽な事だらけだ! 簡単に辞めたり、会社を潰すなんて言語道断だ! パワハラされたって命は取られねぇ! パワハラできるのは所詮、会社という狭い世界で肩書あるからだよ。 恐ろしい上司もきっと家出は嫁の尻にしかれてる。 ストレスまみれで飲み屋で酔い潰れてる。 所詮は人間だ。 だからビビるな。 おかしいと思ったらちゃんと自分の意見を言え! たぶんケチョンケチョンに論破される! けどそれでいい。 そうやって自分の無力さを痛感する。 そしたらもっと強くなろうと思える。 もっと勉強しようと思える。 辞めちまったら無力のまま、ただのニートになるだけだ。 意見したら出世が遅れるのが怖いだって? そんなマインドじゃ社会を生き抜く力は絶対につかねぇ! 今後会社が40年続く保証なんてどこにも無い。 天下のパナソニックも、東芝も、経営不振で大量のリストラが起きる時代だぞ? 大事なのはどこでも通用するスキルを磨くことだ! 上司を論破できるようになり、実績をキチンと作れ。 もうこの会社では学ぶ事が無い! 他の会社でも活躍できるスキルが身に付いた! と思えた時がお前の辞め時だ!」

 

専業主夫の分際で調子こいてすいません。

 

あっ、

 

キヨちゃん先生の動画はこちらです↓

down

コメントする