妻は女医 夫は専業主夫

妻(産婦人科 医師)が『生理痛の緩和・妊活・子宮頸がん予防・乳がん予防』等について発信。 夫(女子力高めな元社長)が『グルメ・美容・アンチエイジング・お笑い』等について発信。

ノンストレスで糖質制限ダイエット。 低糖質メニューを活用しよう!

time 2017/11/24

ノンストレスで糖質制限ダイエット。 低糖質メニューを活用しよう!

食生活アドバイザー・専業主夫のユウイチです。

 

最近やたらと耳に入ってくる言葉

“糖質制限ダイエット”

 

ようは糖質を多く含む食品

米・パン・パスタ・ラーメン・うどん等の摂取を控えれば痩せる!

というやつです。

 

「気合だ! 気合だ! 気合だ!」

と唱えて我慢するのもいいでしょう

しかし今は2017年…

 

我々30歳オーバーのダイエットを支援すべく

各社が創意工夫を凝らしたメニューを開発してくれてます↓

 

寿司(無添くら寿司)

シャリの米が酢漬けの大根に変身(笑)

 

牛丼ライト(すき家)

牛丼の周りに、野菜が敷き詰められてます。

その下は米ではなく、なんと豆腐

 

菜摘(なつみ)ロースカツ(モスバーガー)

モスの菜摘(なつみ)ロースカツ

パンの代わりにレタスではさむのがモスの流儀!

 

ポポロスパ(カーブオフ)

ポポロスパCarbOFF(カーボフ)

糖質50%カットのパスタ!

 

野菜たっぷり食べるスープ(リンガーハット)

野菜たっぷり食べるスープ

麺抜きのラーメン。

つまり野菜スープ(笑)

 

うどん(つるとんたん)

麺匠の心づくし つるとんたん が贈る糖質60%オフの美味しいおうどん つるとんたん ロカボうどん [ネット販売開始しました]

店舗で注文するうどん全て、+180円で糖質60%オフうどんに変更できる。

 

「米・パン・パスタ・ラーメン・うどんを大量に食べたい!」

と思ったら利用してみて下さい。

 

PS

10代20代はバクバク食べても太らなかった。

けど30を超えてから、食べた分だけ太るようになりました。

 

当然です。

年と共に新陳代謝は低下するし、運動はしなくなるし、座ってパソコンをカタカタする毎日…

消費されなかった糖は脂肪としてカラダに蓄積され、どんどん太っていきます。

 

私は20代まで、

身長175cm、体重68kgをキープしてました。

しかし30を超えてから

身長175cm、体重75kg

+7kgも増えちゃいました。

 

先日、高校時代の仲間と久々に飲む機会がありました。

10年ぶりに会って1発目に言われたのが

「お前、太ったな!」

「顔パンパンになったな!!」

「あんだけスタイル良かったお前も、年には勝てねぇな(笑)」

でした。

 

ショックでした…

 

なので心を鬼にして糖質制限しました。

 

・朝は納豆、昼は蕎麦、夜は肉とサラダ

・週3でジムでランニング&筋トレ

 

これを1ヵ月間続けた結果

ー7kg

見事20代の体重に戻しました。

 

がっ、しかし!

 

めちゃくちゃ辛かったです。

 

糖質を取らないせいで、頭にエネルギーがいかず、いつもフラフラ

糖が欲しくていつもイライラ

 

女医の妻からも

「カラダに絶対悪いから、そんなダイエットやめなさい!」

と何度も怒られました。

 

過度な糖質制限は、

・ビタミンやミネラルが不足しやすくなる

・脳や身体のエネルギーの利用効率が悪くなる

といった弊害があります。

 

なので、私が勧めたいのがゆるい糖質制限ダイエットです。

リチャード・バーンスタイン博士は1日の糖質量を130g以下とする糖質制限ダイエットを勧めています。
※日本人の食事摂取基準で必要量としている260g※の約半分です。

白米ご飯1膳(150g)には約55gの糖質が含まれるから、茶碗半分(27.5g)を1日3回食べると糖質量の合計は82.5g。
まだ50gくらい糖質をとっていいことになります。

又、3食の内1食を各社が提供する低糖質メニューにするのもありだと思います♪

down

コメントする